後遺障害等級認定を申請する

交通事故により手首を痛めてしまった場合には、TFCC損傷を疑ってみましょう。手首を固定することで炎症も収まり、完治したかのように見えますが、また再発してしまうことがよくあります。また、病院によっても手術を進めてくるところもありますし、固定しないほうが良いという医師もいますので、何が正しい治療法なのか素人である自分たちでは判断することなどできません。

交通事故では主にバイクや自転車で転倒した場合に、手首を強打したり、変な風に手をついてしまうことで、TFCC損傷になってしまうことがあるのですが、じん帯を損傷してしまうことで、手の関節など可動域が制限されてしまうことだって考えられます。おもうように手首を動かすことが困難であれば、箸をつかうこともできずに、ペンを持ち書くことすらできなければ、これは交通事故による後遺障害であることに間違いはないでしょう

しかし、手首ごとき症状で後遺障害等級認定を申請することなどできるのでしょうか。時間ばかりがかかってしまい、結局苦労するのは自分だけだとおもわないでください。もしも自分で申請する準備が難しければ、弁護士に相談してみましょう。実は、交通事故専門の弁護士であれば、後遺障害等級認定も得意分野でしょう。